【官僚志望から民間へ】How to 自己分析!~北海道編~

皆さんこんにちは!

Goodfind北海道SIの池ヶ谷です。

 

前回の北海道の投稿では就活戦隊キャリレンジャーとして、SIを紹介しました。

池ヶ谷シルバーが僕です・・・。

 

 

そんなおふざけMAX投稿から打って変わって

 

先週のGoodfind関西から引き続き「自己分析」をテーマに、記事を書いていきます。

 

それにしてもこの記事の題名・・・。

皆さん気になってるんじゃないんですか??

 

お話をするのはこの方!

Goodfind北海道のごまきレッドこと

後藤 真規さんです!!

f:id:sloganSI:20171126183838j:plain

・・・いや青いな!!

そして既に語ってる!!

それでは、前回の投稿の「ごまきレッド」の設定を早くもぶち壊した彼にバトンを渡したいと思います!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ごまき「みなさんよろしくお願いします!」

 

 《目次》

 

<プロフィール>

後藤 真規

出身:北海道札幌市            

大学/学部:北海道大学法学部4年

サークル:とても真面目なテニスサークル 

内定先:テーマパークを運営する会社(総合職)

【就活の軸】

①マルチな業界を横断するキャリアを積みたい

②純度100%で人を楽しませるために仕事がしたい

③前例を作るような仕事がしたい

々官僚志望!?

自己分析について話す前に、まずは去年の私の就活状況についてお話します。

タイトルにもある通り、私は元々

官僚志望でした!!

もう一回言いますね。私は元々

官僚志望でした!!

 

なぜ官僚を目指していたかと言うと、将来特にやりたいことが無かったからです。

やりたいことが本当に無いから、民間企業で情熱を燃やして一生懸命働く自分の姿なんて全く考えられませんでした。

それならば、今まで通り適当に受験勉強して、試験に合格して、人生が決まっていくのなら楽だしそれでいいやと思ってたんです。

中でも、国家総合職試験は公務員試験で最難関と言われているので、とりあえずてっぺん目指しとこうかな~という具合で、8月末くらいまで過ごしていました。

今思うととんでもない野郎ですね。炎上します。

 

しかし、試験勉強が本当に大変で大変で。

モチベーションも下がってきて、ついには勉強から逃げ出し始めたときにふと思ったんです。

 

 「おれ、人生どうしたいんだ・・・?」

 

そこで、私は少しでも社会人のイメージをクリアにするために、今まで全く視野に入れてなかった民間企業のインターンに参加しました。

そのインターンで、私は社員に言われた言葉で心が変わり、民間就職に舵を切ることを決意しました。その言葉とは

 

「自分の人生をどうしたいのか答えを見つける活動をしなさい。」

 

そして11月、後藤の就職活動が始まりました。

 

己分析について 

本当は他にも沢山のことを話したいのですが、今回は自己分析がテーマということで。

自信持って言えますがめっちゃやりました(笑)

f:id:sloganSI:20171126183907j:plain

就活で使用した自己分析/企業研究ノート類

ノートにスケッチブックそしてファイル・・。

中身はというと・・・

f:id:sloganSI:20171126183855j:plain

ぎっしりっす。

 

本当に色んなことやりましたね。

自分史、モチベーションマップ、喜怒哀楽の分析、will/can/must、ジョハリの窓など、自己分析の方法として提唱されているものは全てやりました。

そして、全てやった上で、言わせていただきます。

 

大事なのは方法じゃない

How to 自己分析ゆーてますけど

 

 私は自己分析をする上で重要なのは

どうやるのかよりもなぜやるのかだと思っています。

結局、自己分析って何を見つけるためにするのでしょうか。

そのゴールを知らぬまま、方法にこだわって自己分析を行うことは

目標点数を知らずに受験勉強をする」くらい非効率です。

私もかつては、何を見つけるためにするのか理解していないまま自己分析の方法にこだわっていました。

そして、終わった後いつも

「で、なんなん?」ってノートに向かって言ってました。 

そんな、自己分析をやり尽くした私が考える「自己分析のゴール」と、それに伴う自己分析の方法を、以下より書いていこうと思います。

 

己分析のゴール

私は自己分析で見つけるべきものは

3つの”観”」と考えています。

f:id:sloganSI:20171126221942j:plain

▲自己分析セミナーで使用しているスライド

 

     ①価値観

これは、好き嫌いやキャラクター、モチベーションといった自分の根本にある考え方です。

そして、過去の経験からしか生まれないものだと思っています。

 

なぜなら、皆さん生まれてから現在までずっと同じ価値観ではないはずだからです。

赤ちゃんの頃から「俺ルーティンワーク無理だわ」って言う人いませんよね?

(いたら連絡してください。)

 

皆さんは、生まれてから現在に至るまで多くの失敗と成功を経験し、色んな環境に身を投じながら自分の「価値観」を形成してきました。

まずは、この「過去の経験から形成された価値観」を自己認知すること。

これが自己分析の入り口です。

 

<価値観を見つけるための方法>

・自分史作成

・モチベーションマップ

・喜怒哀楽分析

・SIに相談する。

 

     ②人生観

自分の価値観から

自分にとってどんな人生が幸せで、どんな人生が不幸なのか

を考えてみましょう。

 

重要なことは価値観をベースに考えるということです。

価値観を無視した人生観は、社会人になってから歪みを生じさせます。

【競争環境に身を投じることにモチベーションが湧く】という価値観なら、

【今後も激しい競争環境の中で自分の価値を発揮していきたい】という人生観が考えられます。

そんな感じです。

 

<人生観を見つけるための方法>

・社会人と話して考え方を知る。

・価値観を分析して自問自答する。

・SIに相談する

 

    ③キャリア観 

自分の価値観と人生観を踏まえて

どんな仕事をすれば幸せで、どんな仕事が不幸なのか

を考えてみましょう。

 

このキャリア観で、仕事内容・業界・社風・事業を具体的に考えることができれば、自分の将来像が明確に見えてくるはずです。

 

そのために、まずは世の中にどんな業界・企業・職業があるのか知る必要があります。

だからこそ企業分析とともに考えてください。

それがキャリア観を見つけるための近道でしょう。

 

<キャリア観を見つけるための方法>

・企業分析しながら自分と重ね合わせる。

・価値観と人生観を分析して自問自答する

・SIに相談する。

 

そしてこの3つの観に一本の筋が通ったとき

初めて「就活の軸」なるものが誕生します。

f:id:sloganSI:20171126183911j:plain

▲後藤の3つの”観”。筋が通っています。

そして、先ほども書きましたが

大事なのは方法じゃない

と、思ってます。

この3つの”観”を見つけさえすれば、

方法は何でもいいです。

挙げた方法は、あくまでも参考程度に。

 

19卒生へ

 

最初にも言いましたが私は元々官僚志望でした。

将来のことなど何も考えず、とりあえずスゴイところに行ければいいやと思っていました。

しかし、自分がどんな人間でどんな人生を歩めばいいのかに悩み、どうしても答えを見つけたくて就職活動に取り組みました。

だからこそ、皆さんにも

企業に好かれるためだけの活動にはしないで欲しいです。

自己実現の方法を考える活動にして欲しいと思っています。

 

時には人事や社員に詰められて、自分が出した答えに自信を持てなくなる時もあるでしょう。

それでも、覚えていて欲しいことは

正解は自分でしか作れない、

不正解は他人でしか作れない

ということです。

 

 これからも一緒に頑張っていきましょう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(池ヶ谷)っくぅ~~!!

 ごまきレッドの必殺「ハニキヌキセヌモノイイ」が炸裂しましたね!!

(是非前回の北海道のSI紹介記事を読んでください・・・。)

 

大学受験でも、とりあえず参考書を何冊も買って手当たり次第に勉強してた人って意外に点数悪かったりしましたよね??

自己分析も同じです。

”どうやるか”にこだわる前に、”何のためにやるのか”をしっかり理解した上で取り組みましょう!

もっとお話を聞きたい!という方は

是非「後藤 真規」さんのFacebookページから、メッセージを送ってみては!?

 

 

今回の記事は私「池ヶ谷シルバー」と「ごまきレッド」でお送りしました!

来週はGoodfindのポケモントレーナー集団

東北から!

 

P.S.

12月9日のBIGイベント「GIFt」申し込み中!!

docs.google.com